トップイタリア軍団・師団>第9師団「パスビオ」


第9師団「パスビオ」
1939年〜1943年

創設から降伏まで

  第9師団「パスビオ」は1939年に創設された自動車化歩兵師団である。
自動車化師団ではあるが、砲兵と輸送部隊のみの準自動車化師団である。
1884年11月1日に創設された「ローマ」旅団が由来である。
1941年4月にユーゴスラビア侵攻に参加。8月にはドイツ第11軍として東部戦線に派遣される。
1943年、包囲された師団は兵員が2000人程に減っていた。包囲を抜け出した生存者は、4月頃に本国へ引き揚げた。
1943年9月、武装解除し降伏した。指揮下の第1黒シャツ軍団はRSI軍として戦い続けた。

組織

 
第79歩兵連隊「ローマ」
第80歩兵連隊「ローマ」
第8砲兵連隊「パスビオ」
第1黒シャツ軍団
第5、81mm迫撃砲大隊
第9、81mm迫撃砲大隊
第9対戦車中隊
第141対戦車中隊
第30工兵(パイオニア)中隊
第9通信中隊
第5医療分隊
第25自動車化カラビニエリ分隊
第26自動車化カラビニエリ分隊
第95サーチライト分隊
第11補給分隊
第26パン製造部隊
第91燃料分隊
第8交通管制部隊
第9整備部隊
第9自動車小隊
第83野戦郵便局




トップイタリア軍団・師団>第9師団「パスビオ」
inserted by FC2 system
司令官
1

ヴィットーリオ・ジョヴァネルリ
1940〜1942年

最終階級:少将
2

ロベルト・オルミ
1942年

最終階級:准将
3

グイド・ボセリ
1942年

最終階級:少将
4

チェーザレ・ガンディニ
1942年

最終階級:中将
5

ルイジ・フィリッポ・カンギーニ
1942年

最終階級:中佐
6

カルロ・ビグリーノ
1942〜1943年

最終階級:中将