トップドイツ軍集団・軍・師団>アフリカ装甲集団

アフリカ装甲集団
1941年~1942年

歴史

  ロンメルの在リビア・ドイツ軍部隊がイタリア軍部隊の一部として当初思いがけない作戦の成功を収めた後、ドイツ国防軍最高司令部はアフリカにより大きな作戦司令部を設ける必要性を感じた。
 ロンメルは8月6日にローマに赴き、ムッソリーニやイタリア軍参謀総長ウーゴ・カヴァッレーロ元帥と会談し、彼らの同意を得てイタリア軍の「アリエテ」戦車師団と「トリエステ」自動車化師団の指揮を認められた。 このイタリア軍二個師団とドイツ・アフリカ軍団でもって1941年9月1日に「アフリカ装甲集団」が組織され、ロンメルはその司令官に就任した。ドイツ・アフリカ軍団の軍団長の座はルートヴィッヒ・クリューヴェル中将に移譲された。
 1942年1月30日、アフリカ装甲集団はアフリカ装甲軍に拡大された。

編成

 
1941年9月20日の編成
 イタリア第21軍団
 ドイツアフリカ軍団
 第15装甲師団
 アフリカ特殊任務師団コマンド
  第708高射砲中隊 (in ナポリ)
  第707高射砲中隊 (in ナポリ)
  第612高射砲大隊
  第361強化アフリカ連隊
  第347歩兵連隊第3大隊
  第255歩兵連隊第3大隊
  第155狙撃兵連隊
  第364陸軍沿岸砲大隊
  第363陸軍沿岸砲大隊
  第722陸軍沿岸砲大隊第4中隊 (in Aufst.)
  第149陸軍沿岸砲大隊第4中隊 (in Aufst.)
  第902陸軍沿岸砲大隊 (in ナポリ)
  第533海軍砲兵大隊
  第529陸軍沿岸砲大隊 (in ナポリ)
  第528陸軍沿岸砲大隊 (in ナポリ)
  第523陸軍沿岸砲大隊
  第405砲兵大隊
  第115砲兵連隊第2大隊
  第221砲兵連隊本部 (in ナポリ)
  第11軽観測大隊 (in ナポリ)
  第900工兵大隊
  第104砲兵指揮官 (in ナポリ)
  第585軍補給部隊指揮官
  第556後方占領地区指揮官
  Armee-Kartenstelle 575 (in ナポリ)
  秘密野戦警察部隊
  陸軍哨戒部隊

1942年1月2日の編成
 イタリア第10軍団
 イタリア第21軍団
 イタリア・マルマリカ軍団
 ドイツアフリカ軍団
 第90軽アフリカ師団
 イタリア第55師団「サヴォナ」
  第104砲兵指揮官
  第585軍補給部隊指揮官
  第556後方占領地区指揮官
  Armee-Kartenstelle 575 (in ナポリ)
  第182秘密野戦警察部隊
  陸軍哨戒部隊

司令官

 
1941年9月1日~1942年1月30日:エルヴィン・ロンメル元帥

参謀長

 
1941年9月1日~1942年1月30日:アルフレート・ガウゼ少将

参謀本部付将校

 
1941年9月1日~1942年1月30日:ジークフリート・ヴェストファル参謀大佐


トップドイツ軍集団・軍・師団>アフリカ装甲集団
inserted by FC2 system