トップドイツ軍集団・軍・師団>第4装甲集団

第4装甲集団
1941年

歴史

  1941年2月17日に第16軍団の司令部をもとに創られた。
 バルバロッサ作戦発動時、第4装甲集団は北方軍集団に所属、第XLI、第LVI軍団が追加され、総勢3個装甲師団、2個自動車化歩兵師団、合計で戦車631両が加わった。 第4装甲集団は北方軍集団の先鋒を務め、バルバロッサ作戦初期段階でネマン川を横断したが、第XXXXI装甲軍団はリトアニアのラセイネイで約300両のソビエト赤軍戦車の反撃を受けた。 4日間の攻防戦の末、ソビエト装甲部隊の包囲に成功、これを撃破した。一方、第LVI装甲軍団は北ドヴィナ川の橋を占領、レニングラードへの進撃を開始した。
 ソビエト赤軍はレニングラードの堅固な防御線を形成しており、ヒトラーは第3装甲集団と第4装甲集団の強化を命令、そしてレニングラードまで残り約11km地点まで進撃した。 しかし、ヒトラーはモスクワ攻撃を強化することを提案、モスクワを包囲攻撃するために第3、第4装甲集団は中央軍集団へ転属となった。
 第3、第4装甲集団はモスクワを攻撃するためにモスクワ北方へ移動し、第4装甲集団は攻撃の中央を担当し、南方を第2装甲集団が攻撃することとなった。 しかしロシアの厳冬、厳しい補給状況、ソビエト赤軍の頑強な抵抗により攻撃は遅々として進まなかったが、その中、第4装甲集団はモスクワまで残り24km地点まで到達した。 しかし、第4装甲集団はその地点までの攻撃で消耗しており、それ以上の進撃は不可能であった上に、1941年12月、ソビエト赤軍による反撃が開始されると、約300kmに渡って押し戻された。
 1942年1月1日に装甲軍に拡大されて第4装甲軍となった。

 なお2013年時点の日本語版ウィキペディアには、「カルビン・ラムグーラム(Calvin Ramgoolam)上級大将」なる謎人物や「第4装甲軍の前身である第4装甲集団は1940年に編成され、 第LVI装甲軍団、第XXXXVI装甲軍団、第VIII軍団が所属していた。第4装甲集団はフランス侵攻作戦においてA軍集団に所属し、アルデンヌの森を経由して連合軍を撃破し、ダンケルクで包囲した。 しかし装甲部隊の先行により歩兵部隊が追いついていないことを懸念したドイツ総統アドルフ・ヒトラーに攻撃停止命令が出され、連合軍の撤退を許す結果となった。」と フランス侵攻に参加したという内容の文が記載されているが、 そんな上級大将は存在しない上に、この部隊は英語記事にもドイツ語記事にも1941年2月(英語版では2月15日、ドイツ語版では2月17日)創設と書かれている。

編成

 
装甲集団司令部
 第313高級砲兵指揮官
 第4装甲集団補給指導者
 第4装甲集団補給連隊

1941年7月1日の編成
 第39軍団
 第57軍団

1941年7月29日の編成
 第49軍団
 第57軍団
  第630工兵大隊
  1/3 第905突撃ボートコマンド
  Kraftwagen-Kolonne 1/415
  第313高級砲兵指揮官
  第4装甲集団補給指導者
  第4装甲集団補給連隊
  第697宣伝中隊
  第604観測大隊本部&第2中隊

1941年10月2日の編成
 第6軍団
 第41軍団
 第56軍団
 第5軍団
  第10建設部隊指揮官
  第80建設大隊
  第548橋建設大隊
  Kw.Kolonne 1/415
  1/3 第905突撃ボートコマンド
  第313高級砲兵指揮官
  第4装甲集団補給指導者
  第4装甲集団補給連隊
  第697宣伝中隊
  第703秘密野戦警察部隊
  第415野戦憲兵部隊

1941年10月11日の編成
 第41軍団
 第56軍団
  第10建設部隊指揮官
  第548橋建設大隊
  第80建設大隊
  1/3 第905突撃ボートコマンド
  第313高級砲兵指揮官
  第4装甲集団補給指導者
  第4装甲集団補給連隊
  第697宣伝中隊
  第703秘密野戦警察部隊
  第551野戦憲兵大隊

1941年10月30日の編成
 第41軍団
 第56軍団
 第110歩兵師団
  第54橋建設大隊
  第548橋建設大隊
  第10建設部隊指揮官
  第80建設大隊
  1/3 第905突撃ボートコマンド
  第313高級砲兵指揮官
  第4装甲集団補給指導者
  第4装甲集団補給連隊
  第697宣伝中隊
  第703秘密野戦警察部隊
  第551野戦憲兵大隊

1941年11月17日の編成
 第41軍団
 第56軍団
  第54橋建設大隊
  第548橋建設大隊
  Brückenkolonne B 35
  第10建設部隊指揮官
  第80建設大隊
  1/3 第905突撃ボートコマンド
  第313高級砲兵指揮官
  第4装甲集団補給指導者
  第4装甲集団補給連隊
  第697宣伝中隊
  第703秘密野戦警察部隊
  第551野戦憲兵大隊

司令官

 
1940年11月16日~1941年10月5日:ヘルマン・ホト上級大将
1941年10月5日~1941年12月31日:ゲオルク=ハンス・ラインハルト上級大将

参謀長

 
1940年11月16日~1941年12月31日:ヴァルター・フォン・ヒューナースドルフ参謀大佐

参謀本部付将校

 
1940年11月16日~1941年1月31日:ハラルド・フォン・エルファーフェルト参謀中佐
1941年2月1日~1941年12月31日:カール・ヴァゲナー参謀中佐


トップドイツ軍集団・軍・師団>第4装甲集団
inserted by FC2 system