トップドイツ軍集団・軍・師団南東総軍司令部

南東総軍司令部
Oberbefehlshaber Südost
1943年〜1945年

  1942年12月28日の総統指令第47号により創設が決定。1943年1月1日に第12軍から編成されたE軍集団の司令官、アレクサンダー・レーア空軍上級大将が兼任した。 1943年7月26日の総統指令第48号により、南東総軍司令官がF軍集団司令官も兼ねるようになった。司令部はギリシャのテッサロニキに置かれ、アルバニア、ギリシャ、セルビア軍政地、クロアチア独立国などを担当した。

  編成
1945年2月20日の編成
セルビア司令官
サロニキ=エーゲ海司令官
南ギリシャ司令官
クロアチア司令官
クレタ要塞指揮官

総軍司令部直属
 クレタ義勇軍団(連隊規模)
 第1義勇大隊「メルラ」
 第2義勇大隊「ピアッツィ」
 第3義勇大隊
 第3義勇大隊「ガブリエーリ」
 第639保安連隊ファシスト中隊
 第639保安連隊第13中隊(参謀部)
 第11歩兵大隊
 第422歩兵大隊
鉄道部隊
 第1〜第16鉄道建設工兵中隊


  司令官
1942年12月31日〜1943年8月26日:アレクサンダー・レーア空軍上級大将
1943年7月26日〜1945年3月25日:マクシミリアン・フォン・ヴァイクス元帥
1945年3月25日〜1945年5月8日:アレクサンダー・レーア空軍上級大将

  参謀長
1943年1月1日〜1943年8月23日:ヘルマン・フェルチュ中将
1943年8月23日〜1944年3月15日:アウグスト・ヴィンター中将
1944年3月15日〜1945年5月8日:エーリヒ・シュミット=リヒベルク少将

トップドイツ軍集団・軍・師団南東総軍司令部
inserted by FC2 system