トップドイツ軍集団・軍・師団>北西総軍司令部

北西総軍司令部
1945年

歴史

  大戦末期の1945年4月7日、孤立したオランダはH軍集団司令部が統括していたが、H軍集団司令部が北西総軍司令部と名称変更された。改称であるから、OKHから脱してOKWに専属することになった。
 連合軍のヴァーシティー作戦(ライン川渡河作戦)により後退し、1945年5月4日に北西総軍司令部はハンス=ゲオルク・フォン・フリーデブルク海軍大将らが降伏文書に署名し、リューネブルガーハイデでバーナード・モントゴメリーに降伏した。
 降伏前後の文書等で、北西総軍司令部がOB Nordを名乗った例がある。何らかの指示に基づく改称か、誤記等によるものかははっきりしない。
編成

 
1945年4月の編成
第1降下猟兵軍
ブルーメントリット軍集団
ネーデルラント要塞
北岸参謀本部

司令官

 
1945年4月7日~1945年5月7日:エルンスト・ブッシュ元帥


トップドイツ軍集団・軍・師団>北西総軍司令部
inserted by FC2 system