トップドイツ軍集団・軍・師団>南方軍集団

南方軍集団
1939年~1945年

歴史

  1939年9月2日に創られたが、8月26日にはルントシュテットの司令部として既に機能していた。ポーランド戦終了後は司令官ルントシュテットが東部総軍司令官を兼任した。1939年10月26日にA軍集団に改称された。
 1941年6月22日にA軍集団を改称して再編成された。バルバロッサ作戦ではウクライナとその首都キエフの奪取も主要目的とした。ウクライナはソ連の工業と鉱業の主要な中心であり、 ヒトラーの生存圏計画に必要な良質な農地を有していた。南方軍集団はボルガ河まで進出し、その後赤軍の一部を排除し北方軍集団と中央軍集団のレニングラードとモスクワそれぞれへの進路を確保する予定であった。
 これらの初期の目的を達成するために、南方軍集団の戦闘序列には第1装甲軍とドイツ第6軍、第17軍そして第11軍とルーマニア第3軍および第4軍が含まれていた。
 ブラウ作戦の準備としての1942年の南ロシアとコーカサスでの戦役では、南方軍集団はA軍集団とB軍集団の2つの軍集団に分割された。
 1943年2月14日にドン軍集団と既存のB軍集団は統合され、南方軍集団と改称された。
 1944年4月4日に南方軍集団は北ウクライナ軍集団と改称された。北ウクライナ軍集団は9月28日まで存在した。
 1944年9月23日にトランシルヴァニアで南ウクライナ軍集団が南方軍集団と改称された。
 1945年4月30日にオストマルク軍集団と改称し、終戦を迎える。

編成

 
軍集団司令部
 第570通信連隊
 第558通信連隊
 第530通信連隊

1939年の編成
1939年 9月:第8軍、第10軍、第14軍
1939年10月:国境北部、中央、南部
1941年からの編成
1941年 6月:第6軍、第1装甲集団、第17軍、第11軍
1941年 9月:第6軍、第1装甲集団、第17軍、第11軍
1942年 2月:第2軍、第6軍、クライスト軍集団、第11軍
1942年 6月:第2軍、第6軍、第1装甲軍、第17軍、ヴィータースハイム集団、第11軍
1942年 7月:ヴァイクス軍集団、第6軍、第1装甲軍、第17軍、ヴィータースハイム集団、第11軍
ドン軍集団とB軍集団統合後の編成
1943年 3月:ケンプ陸軍支隊、第4装甲軍、第1装甲軍、ホリット陸軍支隊
1943年 4月:ケンプ陸軍支隊、第6軍、第1装甲軍、動員可能部隊として第4装甲軍
1943年 7月:ケンプ陸軍支隊、第6軍、第8軍、第1装甲軍
1943年 9月:第4装甲軍、第8軍、第1装甲軍、第6軍
1943年10月:第4装甲軍、第8軍、第1装甲軍
1943年11月:第4装甲軍、第8軍、第1装甲軍、第6軍
1944年 1月:第4装甲軍、第8軍、第6軍、動員可能部隊として第1装甲軍、ウクライナの国防軍司令官
1944年 2月:第4装甲軍、第8軍、第1装甲軍、第6軍
1944年 3月:第4装甲軍、第8軍、第1装甲軍
南ウクライナ軍集団が南方軍集団へ改称してからの編成
1944年10月:ヴェーラー軍集団、第6軍、ハンガリー第3軍
1944年11月:ヴェーラー軍集団、フレッター=ピコ軍集団、ハンガリー第2軍
1944年12月:ヴェーラー軍集団、第6軍、ハンガリー第3軍
1945年 1月:バルク軍集団、第8軍、第2装甲軍
1945年 4月:第8軍、第6装甲軍、第6軍、第2装甲軍

司令官

 
1939年9月2日~1939年10月26日:ゲルト・フォン・ルントシュテット上級大将
1941年6月22日~1941年12月1日:ゲルト・フォン・ルントシュテット元帥
1941年12月1日~1942年1月15日:ヴァルター・フォン・ライヒェナウ元帥
1942年1月18日~1942年7月9日:フェードア・フォン・ボック元帥
1943年2月12日~1944年3月31日:エーリヒ・フォン・マンシュタイン元帥
1944年3月31日~1944年4月4日:ヴァルター・モーデル元帥
1944年9月23日~1944年12月22日:ヨハネス・フリースナー上級大将
1944年12月28日~1945年4月6日:オットー・ヴェーラー歩兵大将
1945年4月6日~1945年4月30日:ロタール・レンデュリック上級大将

参謀長

 
1939年9月2日~1939年10月26日:エーリヒ・フォン・マンシュタイン中将
1941年6月22日~1943年3月1日:ゲオルク・フォン・ゾーデンシュテーン歩兵大将
1943年3月1日~1944年4月4日:フリードリヒ・シュルツ少将
1944年9月23日~1944年12月22日:テオドール・ブッセ中将
1944年12月28日~1945年:ヘルムート・グロルマン少将
1945年3月2日~1945年4月20日:ハインツ・フォン・ギルデンフェルト中将

参謀本部付将校

 
1939年9月2日~1939年10月26日:ギュンター・ブルーメントリット参謀大佐
1941年6月22日~1942年7月9日:アウグスト・ヴィンター参謀大佐
1943年2月12日~1944年3月1日:テオドール・ブッセ少将
1944年3月~1944年3月25日:ゲオルク・シュルツェ=ビュットガー参謀大佐
1944年3月25日~1944年4月4日:ヴィルヘルム・ヴィレマー参謀大佐
1944年9月23日~1944年11月5日:イヴォ=ティロ・フォン・トロータ参謀大佐
1944年11月10日~1945年4月1日:ハインリヒ・シェーファー参謀中佐
1945年4月1日~1945年4月30日:バング参謀中佐


トップドイツ軍集団・軍・師団>南方軍集団
inserted by FC2 system