トップドイツ軍集団・軍・師団>オーバーライン軍集団

オーバーライン軍集団
1944年~1945年

歴史

  連合軍がライン川へと迫ると、ヒトラーは1944年11月26日にオーバーライン軍集団の創設を命じた。司令官にはハインリヒ・ヒムラーが任命された。
 この軍集団は国防軍総司令部から独立した組織となっており、西方総軍司令部を通り越して直接ヒトラーに進言することが出来た。
 1945年1月1日、G軍集団とオーバーライン軍集団はノルトヴィント作戦を発動した。作戦の目標はヴォージュにあるヴォージュ山脈とアルサティアン平原のアメリカ第7軍、 フランス第1軍の防衛線を突破、殲滅することであった。これはツァーンアールツト作戦のための通路を開き、主力はこれを撃破しようとするアメリカ第3軍の背後に回りこむ予定であった。
 ヒムラーは同時にストラスブールの奪還を命じた。1945年1月5日にはストラスブールのすぐ北に橋頭堡を築き、1月7日にストラスブールを攻撃するも失敗した。
 しかしヒトラーはオーベルライン軍集団でのヒムラーの指揮を評価し、1945年1月23日にヒムラーを東部戦線のヴァイクセル軍集団司令官に任じた。
 ヒムラー異動から2日後、ノルトヴィント作戦は失敗に終わった。オーバーライン軍集団も1945年1月24日には解散し、ライン川沿いの指揮権はG軍集団へ戻された。 オーバーライン軍集団司令部の参謀達は、東部戦線の第11SS装甲軍へ異動した。
編成

 
1945年1月:第19軍

司令官

 
1944年12月2日~1945年1月23日:ハインリヒ・ヒムラー親衛隊全国指導者
1945年1月23日~1945年1月24日:パウル・ハウサー武装SS上級大将


トップドイツ軍集団・軍・師団>オーバーライン軍集団
inserted by FC2 system