トップドイツ軍集団・軍・師団>北方軍集団

北方軍集団
1939年~1945年

歴史

  1939年9月2日に編成され、ポーランド侵攻完了後は西部戦線に移動し、1939年10月10日にB軍集団と改名された。
 1941年6月22日のバルバロッサ作戦に向けてC軍集団から再編成され、開戦後はレニングラードを目標に進撃した。 しかし、中央軍集団のモスクワ攻略を優先するため指揮下の第4装甲集団が転属したこと、かつソビエト赤軍がレニングラード前面部に強固な防御陣地を構築したため、強襲による攻略戦から包囲戦に切り替えられた。 作戦の切り替え後はレニングラードへの砲撃や爆撃、物資の補給線の遮断を行うも赤軍の抵抗が弱まることは無く、2年以上にも及ぶ長期戦となる。
 1943年1月12日、赤軍による反攻により、陸上での補給線が回復されたため、引き続き砲撃や爆撃を行うも、1944年1月の赤軍の攻勢で撤退を余儀なくされ、その後は後退戦となる。
 1944年のナルヴァの戦いでは、どうにか戦線を安定させるも、中央部での赤軍による大攻勢バグラチオン作戦とバルト海沿岸部でのバルト海攻勢により、中央軍集団と分断されクールラント半島で孤立化した。
 1945年1月25日にクールラント半島で孤立化した第16軍、第18軍がクールラント軍集団を編成、中央軍集団は北方軍集団へと名称を変更した。その後も後退戦を戦い、1945年4月2日に解散した。

編成

 
軍集団司令部
 第537通信連隊
 第639通信連隊
 第537通信連隊

ポーランド戦での編成
1939年 9月:第3軍、第4軍
1939年10月:第6軍、第4軍
1941年からの編成
1941年 6月:第18軍、第16軍、第4装甲軍
1941年10月:第18軍、第16軍
1942年 1月:第18軍、第16軍
1942年 9月:第18軍、第16軍、第11軍
1942年12月:第18軍、第16軍
1944年 3月:ナルヴァ陸軍支隊、第18軍、第16軍
1944年 5月:オストラントの国防軍司令官、ナルヴァ陸軍支隊、第18軍、第16軍
1944年10月:第16軍、グラッサー陸軍支隊、第18軍
1944年11月:第16軍、クレフェル陸軍支隊、第18軍
1944年12月:第16軍、第18軍
1945年 1月:第16軍、第18軍
中央軍集団が北方軍集団へ改称してからの編成
1945年 2月:ザームラント陸軍支隊、第4軍

司令官

 
1939年9月2日~1939年10月10日:フェードア・フォン・ボック上級大将
1941年6月22日~1942年1月17日:ヴィルヘルム・フォン・レープ元帥
1942年1月17日~1944年1月9日:ゲオルク・フォン・キュヒラー元帥
1944年1月9日~1944年3月31日:ヴァルター・モーデル元帥
1944年3月31日~1944年7月4日:ゲオルク・リンデマン上級大将
1944年7月4日~1944年7月25日:ヨハネス・フリースナー上級大将
1944年7月25日~1945年1月27日:フェルディナント・シェルナー上級大将
1945年1月27日~1945年3月12日:ロタール・レンデュリック上級大将
1945年3月12日~1945年4月2日:ヴァルター・ヴァイス上級大将

参謀長

 
1939年9月2日~1939年10月10日:ハンス・フォン・ザルムート少将
1941年6月22日~1942年1月17日:クルト・ブレネケ中将
1942年1月25日~1943年1月22日:ヴィルヘルム・ハッセ中将
1943年1月22日~1944年1月18日:エーベルハルト・キンゼル中将
1944年7月19日~1942年1月17日:オルトヴィヒ・フォン・ナッツマー少将
1945年1月25日~1945年4月2日:フォン・ファーンビューラー・フォン・ウント・ツー・ヘミンゲン参謀大佐

参謀本部付将校

 
1939年9月2日~1939年10月10日:ヴィルヘルム・ハッセ参謀大佐
1941年6月22日~1943年7月1日:パウル・ヘルマン参謀大佐
1943年7月1日~1944年10月30日:カール=ウルリヒ・フォン・ゲルスドルフ参謀大佐
1944年11月1日~1945年1月25日:ヴェルナー・リヒター参謀大佐
1945年1月25日~1945年4月2日:アルベルト・シンドラー参謀中佐


トップドイツ軍集団・軍・師団>北方軍集団
inserted by FC2 system