トップドイツ軍集団・軍・師団中央軍集団

中央軍集団
Heeresgruppe Mitte
1941年〜1945年

  1941年6月22日にB軍集団を改称して創設される。バルバロッサ作戦では3個軍集団の内で唯一、2個装甲集団を割り当てられて、ドイツ国防軍の主力としてモスクワを目指した。 モスクワ攻略失敗後は防勢に立たされ、1942年11月の第2次ルジェフ会戦で防衛戦に成功した後、1943年夏のクルスクの戦いではクルスク突出部の北正面への攻勢を担当したが成果を上げられなかった。 同年9月25日にスモレンスクを失うが、南方軍集団がドニエプル川西岸に駆逐された後も、ミンスクやヴィチェプスクなどベラルーシを維持した。

 その後、中央軍集団の戦線は比較的安定していたが、1944年6月22日のバグラチオン作戦で大打撃を受け、残余の部隊をまとめつつ東プロイセンやラトヴィビア方面へと撤退した。 北方軍集団主力が1944年10月よりラトヴィア西部のクールラント半島で包囲されると、翌年1月25日に北方軍集団に改称され、中央軍集団の名称はA軍集団が引き継いだ。


  編成
軍集団司令部
 第537通信連隊
 第558通信連隊(A軍集団が中央軍集団に改称後)

1941年からの編成
1941年 6月:第9軍、第4軍
1941年 7月:第3装甲集団、第9軍、第4軍、第2装甲集団、動員可能部隊として第2軍
1941年 8月:第3装甲集団、第9軍、第2軍、グデーリアン装甲集団
1941年 9月:第3装甲集団、第9軍、第4軍、第2装甲集団、第2軍
1941年10月:第9軍、第4軍、第2装甲集団、第2軍
1941年11月:第9軍、第3装甲集団、第4軍、第2装甲集団、第2軍
1941年12月:第9軍、第3装甲集団、第4軍、第2装甲集団、第2軍
1942年 1月:第9軍、第3装甲軍、第4装甲軍、第4軍、第2装甲軍、第2軍
1942年 2月:第3装甲軍、第9軍、第4装甲軍、第4軍、第2装甲軍
1942年 5月:第9軍、第3装甲軍、第4軍、第2装甲軍
1943年 1月:第54軍団、第9軍、第3装甲軍、第4軍、第2装甲軍
1943年 2月:第3装甲軍、第9軍、第4軍、第2装甲軍
1943年 3月:第3装甲軍、第9軍、第4軍、第2装甲軍、第2軍
1943年 4月:第3装甲軍、第4軍、第2装甲軍、第2軍、動員可能部隊として第9軍
1943年 7月:第3装甲軍、第4軍、第2装甲軍、第9軍、第2軍
1943年 9月:第3装甲軍、第4軍、第9軍、第2軍
1943年11月:第3装甲軍、第4軍、第9軍、第2軍、オストラント国防軍司令官
1944年 1月:第3装甲軍、第4軍、第9軍、第2軍
1944年 7月:第3装甲軍、第4軍、第2軍、動員可能部隊として第9軍
1944年 8月:第3装甲軍、第4軍、第2軍、第4SS装甲軍団
1945年 1月:第3装甲軍、第4軍、第2軍
A軍集団が中央軍集団へ改称してからの編成
1945年 2月:第4装甲軍、第17軍、第1装甲軍
1945年 5月:第7軍、第4装甲軍、第17軍、第1装甲軍


  司令官
1941年6月22日〜1941年12月19日:フェードア・フォン・ボック元帥
1941年12月19日〜1943年10月12日:ギュンター・フォン・クルーゲ元帥
1943年10月12日〜1944年7月27日:エルンスト・ブッシュ元帥
1944年7月28日〜1944年8月16日:ヴァルター・モーデル元帥
1944年8月16日〜1945年1月17日:ゲオルク=ハンス・ラインハルト上級大将
1945年1月17日〜1945年5月8日:フェルディナント・シェルナー元帥

  参謀長
1941年6月22日〜1942年4月1日:ハンス・フォン・グライフェンベルク少将
1942年4月1日〜1943年3月1日:オットー・ヴェーラー中将
1943年3月1日〜1944年9月1日:ハンス・クレープス歩兵大将
1944年9月1日〜1945年1月25日:オットー・ハイドケーンパー中将
1945年1月25日〜1945年2月15日:ヴォルフ=ディートリヒ・フォン・クシランダー中将
1945年2月17日〜1945年5月8日:オルトヴィヒ・フォン・ナッツマー中将

  第1種参謀将校
1941年6月22日〜1943年7月25日:ヘニング・フォン・トレスコウ参謀大佐
1943年7月25日〜1944年11月:ペーター・フォン・デア・グレーベン参謀大佐
1944年11月〜1945年1月25日:アルベルト・シンドラー大佐
1945年1月25日〜1945年4月20日:ゲオルク・フォン・ヴァイタースハウゼン参謀大佐
1945年4月21日〜1945年5月8日:アルベルト・シンドラー大佐

トップドイツ軍集団・軍・師団中央軍集団
inserted by FC2 system