ドイツ皇族・王族−ザクセン=コーブルク=ゴータ−



ザクセン=コーブルク=ゴータ公国(S-C-Gと記された場所)
1826年11月12日、エルネスティン系諸公国間の領土再編により、ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公エルンスト1世がザールフェルトを割譲、
代わりにゴータを継承し、ザクセン=コーブルク公国とザクセン=ゴータ公国の同君連合として成立する。
1918年11月14日、ドイツ革命によりカール・エドゥアルトが退位し、ザクセン=コーブルク=ゴータ公国は消滅した。
首都はコーブルクとゴータであり、人口は1910年時点でコーブルクが約7万人、ゴータが約18万人、公家はザクセン=コーブルク=ゴータ家。

ザクセン=コーブルク=ゴータ公
カール・エドゥアルト(1884-1954)
公子・公女
フリードリヒ・ヨシアス・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ(1918-1998)
フーベルトゥス・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ(1909-1943)
ヨハン・レオポルト・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ(1906-1972)
ジビラ・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ(1908-1972)


トップドイツ人名事典>ドイツ皇族・王族−ザクセン=コーブルク=ゴータ−
inserted by FC2 system