ドイツ皇族・王族−メクレンブルク=シュヴェリーン−



メクレンブルク=シュヴェリーン大公国
ウィーン会議においてフリードリヒ・フランツ1世は大公の称号を授けられ、成立する。
1918年11月14日、ドイツ革命によりフリードリヒ・フランツ4世が退位し、メクレンブルク=シュヴェリーン大公国は消滅した。
首都はシュヴェリーンであり、人口は1910年時点で約64万人、大公家はメクレンブルク=シュヴェリーン家。

メクレンブルク=シュヴェリーン大公
フリードリヒ・フランツ4世(1882-1945)
大公子・大公女
アドルフ・フリードリヒ・ツー・メクレンブルク(1873-1969)
アナスタージア・ツー・メクレンブルク(1923-1979)
クリスティアン・ルートヴィヒ・ツー・メクレンブルク(1912-1996)
エリーザベト・アレクサンドリーネ・ツー・メクレンブルク(1869-1955)
フリードリヒ・フランツ・ツー・メクレンブルク(1910-2001)
ヨハン・アルブレヒト・ツー・メクレンブルク(1857-1920)


トップドイツ人名事典>ドイツ皇族・王族−メクレンブルク=シュヴェリーン−
inserted by FC2 system