ドイツ皇族・王族−ヘッセン−



ヘッセン大公国
1806年8月14日にライン同盟へ参加し、ヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ10世がヘッセン大公ルートヴィヒ1世を称し、成立する。
1918年11月9日、ドイツ革命によりエルンスト・ルートヴィヒが退位し、ヘッセン大公国は消滅した。
首都はダルムシュタットであり、人口は1910年時点で約128万人、大公家はヘッセン家。

ヘッセン大公
エルンスト・ルートヴィヒ(1868-1937)
大公子・大公女
アレクサンダー・フォン・ヘッセン(1933-1937)
ゲオルク・ドナトゥス・フォン・ヘッセン(1906-1937)
イレーネ・フォン・ヘッセン(1866-1953)
ヨハンナ・フォン・ヘッセン(1936-1939)
ルートヴィヒ・フォン・ヘッセン(1908-1968)
ルートヴィヒ・フォン・ヘッセン(1931-1937)


トップドイツ人名事典>ドイツ皇族・王族−ヘッセン−
inserted by FC2 system