ドイツ皇族・王族−ブラウンシュヴァイク−



ブラウンシュヴァイク公国
ウィーン会議の結果、1815年6月16日にカール2世がブラウンシュヴァイク公となり、成立した。
1918年11月8日、ドイツ革命によりエルンスト・アウグストが退位し、ブラウンシュヴァイク公国は消滅した。
首都はブラウンシュヴァイクであり、人口は1910年時点で約49万人、公家はブラウンシュヴァイク=リューネブルク家(ハノーファー家)。

ハノーファー王
ブラウンシュヴァイク公
エルンスト・アウグスト(1887-1953)
王子・王女/公子・公女
アレクサンドラ・フォン・ハノーファー(1882-1962)
クリスティアン・フォン・ハノーファー(1885-1901)
クリスティアン・フォン・ハノーファー(1919-1981)
エルンスト・アウグスト・フォン・ハノーファー(1845-1923)
エルンスト・アウグスト・フォン・ハノーファー(1914-1987)
フリーデリケ・フォン・ハノーファー(1917-1981)
ゲオルク・ヴィルヘルム・フォン・ハノーファー(1880-1912)
ゲオルク・ヴィルヘルム・フォン・ハノーファー(1915-2006)
マリア・ルイーゼ・フォン・ハノーファー(1879-1948)
オルガ・フォン・ハノーファー(1884-1958)
ヴェルフ・ハインリヒ・フォン・ハノーファー(1923-1997)


トップドイツ人名事典>ドイツ皇族・王族−ブラウンシュヴァイク−
inserted by FC2 system