ドイツ皇族・王族−バイエルン−



バイエルン王国
プレスブルク条約で王国への昇格が認められ、1806年1月1日にバイエルン選帝侯マクシミリアン4世がバイエルン王マクシミリアン1世を称し、成立する。
1918年11月13日、ドイツ革命によりルートヴィヒ3世が退位し、バイエルン王国は消滅した。
首都はミュンヘンであり、人口は1910年時点で約650万人、王家はヴィッテルスバッハ家。

バイエルン国王
ルートヴィヒ3世(1845-1921)
王子・王女
アーダルベルト・フォン・バイエルン(1828-1875)
アーダルベルト・フォン・バイエルン(1886-1970)
アーデルグンデ・フォン・バイエルン(1870-1958)
アルブレヒト・フォン・バイエルン(1905-1996)
アルフォンス・フォン・バイエルン(1862-1933)
アルヌルフ・フォン・バイエルン(1852-1907)
フェルディナント・フォン・バイエルン(1884-1958)
フランツ・フォン・バイエルン(1875-1957)
ゲオルク・フォン・バイエルン(1880-1943)
ハインリヒ・フォン・バイエルン(1884-1916)
ハインリヒ・フォン・バイエルン(1922-1958)
ヒルデガルト・フォン・バイエルン(1881-1948)
イザベラ・フォン・バイエルン(1863-1924)
ヨーゼフ・クレメンス・フォン・バイエルン(1902-1990)
カール・フォン・バイエルン(1874-1927)
コンラート・フォン・バイエルン(1883-1969)
レオポルト・フォン・バイエルン(1846-1930)
ルイトポルト・フォン・バイエルン(1821-1912)
ルートヴィヒ・フォン・バイエルン(1913-2008)
ルートヴィヒ・フェルディナント・フォン・バイエルン(1859-1949)
マリア・フォン・バイエルン(1872-1954)
マティルデ・フォン・バイエルン(1877-1906)
ループレヒト・フォン・バイエルン(1869-1955)
テレーゼ・フォン・バイエルン(1850-1925)
ヴィルトルート・フォン・バイエルン(1884-1975)


トップドイツ人名事典>ドイツ皇族・王族−バイエルン−
inserted by FC2 system