ドイツ皇族・王族−アンハルト−



アンハルト公国
レオポルト4世が1847年にケーテン公国を相続し、1853年にアンハルト=デッサウ=ケーテン公国を創設。
1863年8月30日にアンハルト=ベルンブルク公国を相続して、統一アンハルト公国が成立。
1918年11月12日、ドイツ革命によりヨアヒム・エルンストが退位し、アンハルト公国は消滅した。
首都はデッサウであり、人口は1925年時点で約35万人、公家はアスカーニエン家(デッサウ系)。

アンハルト公
フリードリヒ1世(1831-1904)
フリードリヒ2世(1856-1918)
エドゥアルト(1861-1918)
ヨアヒム・エルンスト(1901-1947)
公子・公女
アレクサンドラ・フォン・アンハルト(1868-1958)
アントイネッテ・フォン・アンハルト(1885-1963)
アリベルト・フォン・アンハルト(1864-1933)
エドゥアルト・フォン・アンハルト(1941-)
エリーザベト・フォン・アンハルト(1857-1933)
オイゲン・フォン・アンハルト(1903-1980)
フリードリヒ・フォン・アンハルト(1938-1963)
レオポルト・フォン・アンハルト(1855-1886)
マリー・アウグステ・フォン・アンハルト(1898-1983)
ヴォルフガング・フォン・アンハルト(1912-1936)


トップドイツ人名事典>ドイツ皇族・王族−アンハルト−
inserted by FC2 system